人間万事塞翁が馬

読み方にんげんばんじさいおうがうま

英語Joy and sorrow are today and tomorrow.

不幸(禍)も、幸せ(福)も、いずれも予測しがたいこと。良い事が悪い事に繋がったり、逆に良い事が悪い事に繋がることもあるので、一喜一憂し過ぎてはいけないこと。
SPONSORED LINK

意味・由来

不幸が幸せに、逆に幸せが不幸に、どちらもいつ転じるかわからない。だから安易に喜んだり悲しんだりすべきではないという意味。単に「塞翁が馬」ともいう。

世の中に起きる悪いことも良いことも予期できないから、それに過度に振り回されてはならないという中国の故事に由来。

故事「人間万事塞翁が馬」のあらすじ

昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む「翁(老人)」がいた。

ある日、その老人の馬が逃げ、周囲は「不幸」と嘆いた。しかし老人は『そのうちに幸福に繋がるよ』と言い、しばらくしてその馬は、足の速い駿馬を連れて戻ってきた。

それを周囲は『幸福』と祝った。しかし老人は「そのうちに不幸に繋がるよ」と言い、しばらくしてその駿馬に乗った老人の息子が、落馬して足を骨折してしまった。

また周囲は「不幸」と嘆いたが、老人は再び『そのうちに幸福に繋がるよ』と言った。すると1年後、大きな戦争があり、たくさんの若者が兵士となって戦死したが……足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだのであった。

※「塞翁(さいおう)」とは、「塞(とりで)」に住む「翁(老人)」という意味で、名前ではない

出典:「准南子

例文

しろブタ君
人間万事塞翁が馬」だから、たとえ宝くじで高額当選したとしても、調子に乗り過ぎてはいけないよ。
  •  禍福は糾える縄の如し
  •  沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり
SPONSORED LINK

ドヤれる豆知識

このコトバは、中国の書物『准南子(えなんじ)』に記載された故事が由来。

座右の銘とする人も多く、もし使うなら「吉凶福禍」という言葉も合わせて覚えておくとカッコいいかも。

また頭にある「人間」は、「にんげん」と読むのは間違いで、正しい読みは「じんかん」であるとの指摘も多い。ただ、どちらの読み方でも「ひと・人類」を指すのではなく、「世間」を意味する為「にんげん」が誤読ではない。

さらに詳しく

准南子は、中国,前漢高祖淮南王の劉安 (前 179?~前 122) が編集させた論集。 21編。老荘思想 (→黄老 ) を中心に儒家,法家思想などを取り入れ,治乱興亡や古代中国人の宇宙観が具体的に記述されており,前初期の道家思想を知る際,不可欠の資料である。

SPONSORED LINK

まちがい

くろブタ君
人間万事塞翁が馬」と言うし、ヨシ!僕のペット第1号は馬にしよう~
しろブタ君
馬を持てば必ず幸福に繋がる、というワケではないからね。散財に気をつけて~!
SPONSORED LINK