待てば海路の日和あり

読み方まてばかいろのひよりあり

英語It’s a long lane that has no turning.

慌てずに待つことで、チャンスが巡ってくること。辛抱強く待つと、必ず好機がくること。
SPONSORED LINK

意味・由来

今は海が荒れていて出航できないとしても、しばらく待っていれば、いずれおだやかな海になる。ここから、焦らずじっくりと待っていれば、いつかは幸運が訪れるというたとえになった。

ただ「何もしないでただ待っていればいい」「待っていれば誰かが何とかしてくれる」という意味ではない。

出典: –

例文

しろブタ君
今とっても苦しい時だとしても…「待てば海路の日和あり」だから、少しガマンして頑張ろう!
  •  石の上にも三年
  •  果報は寝て待て
  •  急いては事を仕損ずる
  •  忍耐は一切を解決する
  •  雨の後は上天気
  •  嵐の後には凪がくる
  •  牛の歩みも千里
  •  辛抱する木に金がなる
SPONSORED LINK

ドヤれる豆知識

このコトバは、元々は中国の「待てば甘露(かんろ)の日和あり」という諺の言い方を変えたもので、意味は同じ。

日本では「甘露」という言葉にあまり馴染みがなく、伝わった時に分かりやすい『海路』に例えられた。

また「天候が変わるまで我慢して待つ」最中、船乗りは日頃使う道具や船の手入れをして、今できる事をやっていた。そのため『最善を尽くして待つ』ことが大切というのが本来の意味。

さらに詳しく

「甘露」とは、古代のインド,中国の伝承の霊薬。インドでは,もとサンスクリットのamṛtaで〈死なない〉ことを意味することばであるが,インド最古の古典リグ・ベーダ》では転じて不死なること,神を意味し,そこから神々の食物飲料をも意味するようになった。したがって,本来どのようなものであったかは明らかでないが,古代インドの伝承では,しばしばソーマ酒(ソーマなる植物より造った飲料,酒で神に供えられる)と同一視され,みつのように甘く,万病の薬とされている。

SPONSORED LINK

まちがい

くろブタ君
「待てば海路の日和あり」ってことで、僕はお昼寝してるね~ Zzz
しろブタ君
何もしないで待つって意味じゃなくて、きちんと「すべき事をしながら待つ」ことが大事だよ~! って、もう寝てる…
SPONSORED LINK