石の上にも三年

読み方いしのうえにもさんねん

英語Perseverance prevails.

つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられること。忍耐強さが大切だということ。
SPONSORED LINK

意味・由来

冷たい石の上にも3年座っていれば温かくなる事から、苦しいことでも続けていれば報われるというたとえになった。つまり「継続は力なり」。

またに「三年」は、長い年月・月日を表現しているだけで、必ず三年経たないと…という訳ではない。

出典: –

例文

しろブタ君
石の上にも三年」という思いで、ツラい修行を頑張ろう!
SPONSORED LINK

ドヤれる豆知識

このコトバの語源・由来は決まっておらず、諸説ある。

①インドのバリシバ尊者」説は、80歳という高齢での出家にも関わらず、石の上で三年も座禅を組んだまま厳しい修行を積んだという話から。また「②達磨大師」説は、禅の開祖である達磨大師が、洞窟で9年もの年月座禅を組んだという話から。

ちなみに、縁起物でもある赤い「だるま人形」は、この達磨大師をモチーフに作られた。

また、上司が「石の上にも三年だから~」「仕事は嫌でも3年は続けないと~」などと無理な我慢を強いてきた時は、要注意。

さらに詳しく

達磨大師は、禅宗初祖。『続高僧伝』によれば,達磨は南インドのバラモンの家に生まれ,大乗仏教に志し,海路から中国に渡り,北方に行った。武帝に召されて金陵に赴き,禅を教えたが,機縁がまだ熟していないのを知ってただちに去り,洛陽東方の嵩山少林寺に入り,に向かって坐禅した(壁観)。慧可が来て教えを求め,腕を切り取ってその誠を示したので,ついに一宗の心印を授けたという伝説がある。壁観の面壁九年の伝説から,後世日本では手足のないだるま像がつくられ,七転び八起きのとなった。

SPONSORED LINK

まちがい

くろブタ君
「石の上にも三年」という訳で、石の上に卵を置いてきたよ!(ワクワク)
しろブタ君
たとえ三年待っても、ゆで卵はできないよ?もったいないから、今すぐ取りに戻ろうね…
SPONSORED LINK