雨垂れ石を穿つ

読み方あまだれいしをうがつ

英語Constant dripping wears away the stone.

雨のしずくでも、長い間同じ所に落ち続ければ、硬い石に穴をあけること。根気よく続ければ成功すること。
SPONSORED LINK

意味・由来

軒下からポタポタと落ちるわずかな雨垂れでも、長い年月をかければ石に穴をあけることができる。

そこから、はじめは小さな力でも続ける事で、成功できることのたとえになった。簡単に言えば「努力すれば成功する」ということ。

出典:「漢書-枚乗伝

例文

しろブタ君
ずっとコツコツ練習していた絵で、賞を取ったよ!まさに「雨垂れ石を穿つ」だ!
SPONSORED LINK

ドヤれる豆知識

このコトバは、中国の書物『漢書・枚乗伝』に記載された「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」という一文が由来。

同じような意味・使い方をする諺だと「石の上にも三年」がよく使われがちだが、コッチの方がさらに長い期間・こつこつ努力したという意味合いになるので、サラッと使うとカッコいいかも。

また、驚きなどを表す感嘆符「!」は、日本語で「雨垂れ(あまだれ)」と読みます。これにあやかった、「十水仕込(とみずじこみ)」という江戸時代の手法で造られた特別純米酒「雨垂れ石を穿つ」があります。

近江高島の地酒・清酒「萩乃露」|株式会社福井弥平商店

近江高島の地酒・清酒「萩乃露」は滋賀県高島市の株式会社福井弥平商店が260年以上にわたり近江の地 高島町勝野で造り続けて…

さらに詳しく

漢書は中国の正史の一つ。前漢の歴史を記す。後漢の班固の著だが,未完のまま死んだので,妹の班昭が完成。120巻。《史記》にならって紀伝体を用い,整然たる叙述によって後世の史書の範とされる。その〈地理志〉に初めて1世紀前後の日本(倭)のことが記述されている。

SPONSORED LINK

まちがい

くろブタ君
最近あったよ「雨垂れ石を穿つ」!ずっとビニール袋に小銭を貯めてたら、ついに破れたんだ!
しろブタ君
貯金はエライけど、それは成功じゃなくてただ壊しただけだね…
SPONSORED LINK